企業側から見たテレワークのデメリット

企業側にとってテレワークはワークライフバランスの実現に加え、離職率の低下など社員の増減にも大きく関わり様々なメリットがあろうかと思います。その反面、企業側にとっては運営に関してなどデメリットも存在します。企業側の視点からみたデメリットは、「時間管理が曖昧」、「セキュリティ面が複雑になりやすい」、「自宅で仕事をすることで家族の行動に影響が出る」といった側面が考えられます。従来のサラリーマンのあり方は、毎日、満員電車に乗って、会社に通勤して朝9時から夕方5時まで働いて、夜前後に帰宅するという見方が当たり前でした。2018年以降働きから改革の影響により、テレワークを導入したことで企業にとって、オフィス以外の場所で社員が働いていることにより、何時から何時までといったシフトが決まっていない傾向にあるため、どのように管理していいのかというのが企業側の悩みです。時間管理に関しては企業後とおよび部署ごとにルールを作る必要があります。企業の共有するアドレスから、作業履歴をスクリーンショットで示したり、Webカメラを使用して管理するなど、グループ間の責任でテレワークが効率よくできる方法を考える必要があります。近年、テレワーク推進により、クラウドシステムで一括管理している傾向にあります。クラウドの主な目的は仕事を効率化の促進です。次に、悩ましいと言えるのがIT端末のセキュリティ管理の煩雑さです。パソコンにゃタブレット端末など仕事において使用しなければないときには、セキュリティ対策は必須条件です。それはなぜか、コンピューターはウィルスに感染したり、サイバー攻撃を受けやすいからです。近年、IT関連商品としてウィルス対策ソフトが販売されています。それらを購入し、ウィルス対策をしっかりすることで、ウィルスに感染しにくくなります。情報の流出は企業にとって命取りになります。ウィルス対策の他にも、自宅以外で仕事をする場合には、端末の紛失や重要なデータが入っているUSBメモリーが紛失する可能性が大いにあります。他にも自宅で仕事をしていることにより子供の泣き声や他の家族の声が聞こえたりして、自室で仕事をしていてもテレワークの障害になることがあります。自分がテレワークをするからと家族に協力を求める必要がありますが、それは家族の行動を制限するため、結果として迷惑がかかります。こうしたばあいにはコワーキングスペースを活用するなど場所を変えるのが望ましいです。